あふれだす

夢の話とか思った事とか、技術とあんまり関係ない事を書く。情緒不安定なタイミングで駄文を書き捨てることもある。

格好良くなりたい

自信が無い。容姿の話じゃない。容姿はともかく。
物の見方や考え方が中途半端で不安定で、そんな自分につい嫌気が差すのだ。 そして、対照的に芯のしっかりした人がとても格好良く見える。

物の見方については、いろんな見方をする訓練を自主的にしてきたつもりだ。特に自分はもともと近視眼的になりがちなので、俯瞰的に物事を見る能力を伸ばしてきた。 ところが、特に最近は近視眼的過ぎたり俯瞰的過ぎたり、ものに合った見方を出来ている気がしないのだ。例えるなら、遠くを見るために虫めがねを使い、近くを見るために双眼鏡を使うような、そこまで大袈裟な間違いでは無いが、そんなちぐはぐさを自分に感じることがある。 俯瞰的になりすぎてよく分からなくなることもあれば、近視眼的になりすぎて大切なことを見落とすこともある。 そういう間違いは誰にでもあるだろうし、自分も例外だとは思っていない。極めて普通の間違いだと思う。 ただ、判断を下すのが、怖い。 そして、そんな自分に自信が持てないのだ。

その不安からか、あれこれと物の見方を変えて考えてみるが、情報をうまく整理できないとうまく考えることができない。 物の見方が不安定だと考え方も自ずと不安定になる。

考えが不安的だと結論がころころ変わるのだ。

特に曖昧な、正解の無い悩みが社会には多いが、そういうものには色々な見方からそれぞれ答えが出せる。じゃあ、そのそれぞれの答えを参考に自分にとっての正解はなにかを問う。それをさっと出すためには自身の価値観を理解していなければならない。あるいは、もっと素直な性格だったら、直感的にこれだと思うものを答えにすればよいのだろう。素直な人はとても尊敬する。あと、全然関係無いが素直な人の笑顔は素敵なことが多いように思う。かわいい。

閑話休題

これは、難しい決断を難しいと感じているというただ当たり前のことなのかもしれない。 だけど、もっとうまくできるんじゃないかともどかしくなるのだ。

さっき、伊坂幸太郎の砂漠という小説を読んでいたのだが、この作品に登場する西嶋という青年がひどく格好悪いんだけど、とても真っ直ぐで姿勢がとても格好良くと思った。 ぼくも彼くらい真っ直ぐな行動が出来るようになりたいと思った。そしたらきっと少しは格好良くなれるんじゃないか。

こうして蒸し暑さからくる寝苦しさを誤魔化していたところ。今日も午前二時を回りそうだ。

夢。
会社に居た。
後輩が海外で講演をすることになったらしい。
技術的なやつかなと思ったがどうやら違うらしい。
円状に点を書いて真ん中に点を置いた図を見せてきて、複雑そうな表情でなにかを相談された。
ぼくは、なにを思ったのか、その点を線で繋げて円を描いた。
なにやらそれがマズかったのか、僕は何者かに狙われることになったらしい。

その後、トイレに向かうと背後に人が来た。
怪しんで後ろを見るとニヤニヤ笑っている。
誰だか尋ねたが誰でしょうね?とはぐらかされる。
こいつは殺し屋に違いないと思った。
次の瞬間、飛び掛かった。
叫び、近くに居た人に警察を呼んでもらう。
ところが、この人はなんと会社へのお客さんで、散々謝ることに。
年賀状を届けに来たと言われたが、誰宛のものか分からない。
とりあえず受け取って総務の人にそれを渡した。

場面は変わって、居酒屋が並ぶ半地下。
何度か見覚えがあるような気がするが、現実でないかもしれない。そんな街並み。
仕事のランチタイムなのだろうか、ぼくはそこでなにを食べようか迷っていた。
ところが、急に何者かに尾けられている気配を感じる。早足で振り切る。
人々がいろんなものを食べていて、美味しそうだなぁと思った。

また、急に場面が変わる。今度はなにかのビルの前にある広場のようだ。人は居ない。
やはり急に気配を感じ、振り返る。髭を蓄えた、細身の、30歳くらいの男性がいた。
ゆっくりこっちに近付いてくる。後退りして逃げるが、もう後がない。
男は「終わりだ」と言い、なにかを取り出した。僕は臨戦体制に入る。
ところが、男が持っていたのはなんとハサミ。薄笑いを浮かべながら、しかし、確信を持った表情で、男はハサミで空を切り始める。
直感的に、これは俺の血管を切っているのだと思った。
殺された。死んでしまう。もうどうにもならないと思ったところで目が覚めた。

ググってみると、どうやら古い自分を殺し新しい自分に生まれ変わるといったような良い夢らしい。
良い夢らしいので、めでたいということにしよう。

自転車で山手線を一周した